人生の主役

信仰を知る
人生の主役

反射的にする反応について、なぜそういう反応をするのかを説明するとき、「私はそういう人間だから」と説明するより、「私はこのように自分を作り上げたから」と言うべきである場合が多い。キリスト信者の人格鍛錬についての記事

ハビエル・エチェバリーア司教はファチマのマリア様が現われた場所にあるチャペルで祈りを捧げます。(2015年3月20日)

ハビエル・エチェバリーア司教はファチマのマリア様が現われた場所にあるチャペルで祈りを捧げます。(2015年3月20日)

3月20日、属人区長はファチマを訪れて、祈りの後にロウソク三本をマリア様に捧げました。そのロウソクには、"obrigado"「ありがとう」, "perdão"「お赦しください」, "ajuda-me"「助けてください」と刻まれています。(ビデオ3分30秒)

慎ましさを育てる(1) 少年期

信仰を知る
慎ましさを育てる(1) 少年期

人は、自己の内面をより深く知るに従って、慎ましさの感覚に目覚めて行くものです。自分自身を大切にする心(自己に対する尊敬)は、まず、家庭において学ぶものです。この記事が勧める事柄。

ソフィーの証言

証言
ソフィーの証言

ソフィは25歳で結婚して間もなく、夫が事故に遭い、重い障害を負いました。「あなたは若い、別れるなら、今ですよ!」とソーシャルワーカーに言われましたが、残りました。

属人区長の書簡

属人区長の手紙(2015年5月)

ハビエル・エチェバリア師は、5月の手紙で、家族との関係にある「最も小さな溝も埋める」ために、祈りに頼るよう勧める。

 愛する皆さん、イエスが私の娘たちと息子たちをお守りくださいますように!

 諸国で特別に聖母に捧げられた五月を迎え、ナザレの雰囲気をあらゆる所にもたらすべきことが思い起こされます。特に聖マリアの模範を通して聖家族の諸徳と振る舞い方を伝えなければなりません。

 今日は勤労者聖ヨセフの祝日です。神は、地上における最高の宝、イエスと聖母をヨセフに託されました。聖母月の初日のこの祝日は、ナザレの家により深く入り込むよう促します。この家庭は今、神の真の家族である教会に、キリスト者の住まいに、また教会の中の「小さな家族」オプス・デイ属人区に引き継がれています。

 このマリア年には、特別熱心に家族関連の制度や機関のため根気よく祈り続けましょう。これらの制度や機関が、神のお望みを全面的に反映し、ベトレヘムやナザレで、そしてイエスが旅の疲れを癒された様々な場所で示された聖なる模範に倣ったものになるよう祈るのです。またベタニアの家のことも考えないわけにはいきません。そこは、ラザロとマリアとマルタが主をお泊めして、お休みになっていただき、最上のおもてなしをしたところです。ですから創立者は 、ご承知のように、ご聖櫃を「ベタニア」と呼び、主を愛情深く細やかに絶えず見守り、マリアとヨセフと共にイエスを礼拝するよう勧めていました。

 私たちはいつも家庭に聖家族の雰囲気を再現するよう努めていますが、聖家族に漂っていた落ち着きが反映されない時もあることを不思議がってはなりません。ヘロデの迫害を大急ぎでれなければならなかったとき、マリアとヨセフが遭遇した事柄を考えてみましょう。それから、初代教会においては、信者たちの一致した和やかな生活描写と共に、時々、迫害や周りの無理解、あるいは仲間の悪い振る舞いから、平和が霞んだような叙述のあることを忘れてはなりません。しかし彼らは、聖霊のおかげで困難を克服し、冷静な忠誠心でイエス・キリストに忠義を尽くしたのでした。

 時たま、家庭内で信仰者特有の愛情深い雰囲気を弱め、それが次第に壊れていく争いが起こり得ます。このような場合 ―いつものように―祈りにより頼まなければなりません。それは、家族間のもっとも小さな亀裂をも修復し、社会の善に寄与するためです。というのも「人々の希望と世代間の調和は強く結びついている」[i] からです。教皇様は別の機会にこうつけ加えておられます「子供たちの兄弟姉妹のきずなが、他の人々を受け入れる教育的な家庭環境の中で培われるとき、その家庭は自由と平和のよき学び舎になります。(…) 世界に兄弟愛を伝えるのは家庭そのものです。わたしたちはまだ ...